月別アーカイブ: 2019年12月

新人のご挨拶

Blogをご覧の皆様。はじめまして。

新しくフェニックスのスタッフに加わりました砂田と申します。

諸先輩方のご挨拶を参考にしながら、簡単にですが自己紹介をさせて頂きます。

初めてのBlog投稿にドキがムネムネしておりますが

どうぞ、お付き合いお願いいたします。

 

まずは経歴から。

続きを読む

新たな取り組み【ブルハイドレザー】

さっそくですが・・・

あ、ちなみに私、元革担当の横井です。
最近は新革担当の森に業務を託して、会社の奥で(窓際ではない)
ネットがらみのお仕事に精を出しております。

今日のお話は革に関するお話です。

新担当の森に託してもよかったのですが、
この件だけはどうしても私がやり切ってしまいたかった。
どうしても自分が関わってPhoenixとしてこの革に取り組みたかった
という思いが強くありましたので、
元革担当という立場ですが、やらせてもらいました。

なんだかハコモノ建てたがる政治家さんみたいで嫌だな

でも、それくらい思い入れの強い革だ、ということだけご理解いただければと思います。

で、その革というのが「ブル」です。


写真と本文はあまり関係がありません

 

続きを読む

いつもの糸を、六花-リゥファ-に変えてみた

革を、糸で、縫う。

レザークラフトの工程ををものすごく簡単に言い表すとこうなる。
どんな工程を挟もうと一枚の革を変形させ、何かで固定して用をなす形に仕立てるということは200万年前の旧石器時代から変わっていない。

 

そりゃ糸に拘りたくもなるはずで、
糸選びだけで優に1~2時間は迷えてしまう。
というか単純にレザークラフトに纏わることは針も糸も何でも好きなのだけれど。

 

今日は台湾から入ってきた新しい糸を紹介したいと思う。
六花というブランドで、<リゥファ>と発音するらしい。
日本読みだと<りっか>や<ろっか>で雪の意味を持つ古くから使われている言葉。
興味がある人はGoogle翻訳で六花と入力して台湾風の発音を知ってみてもいいかもしれない。

 


 

というわけで、気になる六花の使い心地や特徴について。
やまね個人的にも気になっていたので購入して試してみました。

 

続きを読む