カテゴリー別アーカイブ: 技法

隠しマグネットの可愛い付け方—おもてから見えないけど実はめっちゃ使えるやつだった

隠しマグネットの可愛い付け方―表から見えないけど実はめっちゃ使えるやつだった

(((カクシマグネットが1サイズ増えてこっそりリニューアルしてたよ!?)))

 

こんにちは。やまねです。

Phoenixの商品の写真を撮ったりレタッチしたりデザインをしたりSNSで発信したりネットショップの中をいじったりしています。

今日は最近写真を撮り直したカクシマグネットについて書こうかと思います。

 

正直あんまり上がる~⤴︎⤴︎⤴︎って商品じゃないので (失礼) あれなんですけど、仕上がったものは可愛いし、この見えない感じがさりげなくて好きかも。と思ったので紹介します。

あの子って目立たないけどあの子じゃないとできない仕事するし、欠かせない存在だよね~な立ち位置です。


カクシマグネットってなあに?

カクシマグネットとは、強力なマグネットをビニール生地で挟みこんだものです。

表から見えないように、生地の内側に埋め込んで(隠して)使用します。

 

《付け方色々》

カクシマグネットにはいくつか付け方があります。

生地にそのまま挟み込んで取り付ける付け方や、カクシマグネットをくるみボタンのように包んで取り付ける付け方。

 

今回はこの【くるみボタンのように包んだやり方】が可愛いのでやってみました。

続きを読む

【新刊】 [カービング やり方]で検索する時間を本一冊で『GUIDE TO LEATHER CARVING For BEGINNER レザーカービング入門』

 

担当者さん「正しいやり方だけ見ていても仕方がないですよー」僕「じゃあ、どうやるんですか!?」

 

「GUIDE TO LEATHER CARVING For BEGINNER レザーカービング入門」

 

はじめまして
ブログ書くのは初めて、スタッフ小柳です。

いつもはネットの処理や発注をせっせことしております。
何度か電話でお話ししたことある方もいらっしゃるかもしれません。

店頭には、たまーにいるので
たまーに声かけてください!

さて、今回はタックの新刊のご案内です。

続きを読む

トップカーヴァー達の本気がすごい‼︎ 新刊紹介『レザーアートワーク 30cm×30cmサイズの革の表現』

こんにちは。よこいです。

今日はスタジオタックさんからの新刊のご紹介です。

タイトルは

『レザーアートワーク30cm×30cmサイズの革の表現』

一言でいうと、最近のトップクラスのカービングを目の当たりにできる本です。

続きを読む

床革の話 ~もう、僕はかめはめ波は撃たない!?編~

オッス!オラ、悟… こんにちは。革担当の森です。

タイトルに引っ張られて危うく大怪我するところでした(;゚Д゚)

中々、キャッチーなタイトルですよね。そう、『床革』から『かめはめ波』???

まずは告白いたします。。。ほんとの話、、、

 

 

僕はほぼ毎日売り場でかめはめ波を撃っているのです。。。

 

続きを読む

A4の0.5mm薄漉きはプロでも難しいから切り売りの革のほうがオススメ、という話

革1枚を薄くする業者さんを「漉き屋」と読んでいますが、厳密に言うならば割漉き屋と呼んで区別しています。この方たちがいないと革産業は成り立たないのですが、現状5~8社ほどしか日本では残っていません。
(東京、大阪、姫路。最近名古屋に1件あると学習しましたさ。表に出ずにやっているところが数社かな)

で、そんなプロでも「フェニックスさんが持ってくるA4漉きは正直やりたくない」と言われますが、無理やり無理くり無茶言ってお願いしています。

今回のblogではA4の漉きは何が難しいのか?彼らが本気を出すとどれだけすごいか。漉きは機械にそのまま通せば自動でできる、というものじゃない、という話をつらつらと。

 

続きを読む

フェニックスで買ったハトメ打ち具でフェニックスで買ったハトメを打ったのに割れた、という話

フェニックスで買ったハトメ打ち具でフェニックスで買ったハトメを打ったのに割れたけど、という相談が。

えっ!うちで売っている工具で?

で、見せてもらった結論:工具に問題があった

となります。
でも見た目で全くわかりません。疑問に思ったら遠慮なくお問い合わせください。

 

続きを読む

動画で見よう!製本に適した革はなに?という質問から実際に革の製本をしてみた、という話。

てろてろと問い合わせを見ていると製本に関する質問が。

 手製本を作っています。革装の本を製作しようと思うのですが、
貴社が販売している革で適したものがあれば教えてください。
A5版の大きさの本を予定しています。

製本か~。モロッコ革に近いものが良いんだろうなぁ
製本の面白さとどういう革が適しているかの話をてろてろとしてみましょう&実際に作ってみましょう。

続きを読む