カテゴリー別アーカイブ: 道具

美術展で革素材が使われていたので見てきたので、絵画的に使う革塗料の話

東京六本木の国立新美術館にて行われている「古典×現代2020―時空を超える日本のアート」を見に行ってきました。えぇ、この猛暑&コロナの中。。。(ヽ´ω`) 関東でこなさなきゃいけない用事が3つほど溜まったので、コロナ対策万全で行ってきましたよ。

古典×現代2020―時空を超える日本のアート|企画展|展覧会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

会期は8/24までとなっていますので、興味ある方はお早めに。

美術展で革素材が取り扱われることはものすごく珍しいです。なぜ珍しいのか。素材として面白いけど使いづらい。革素材の上に絵画的に使おうと思うと結構たいへん、というような話を書いていきましょう。

続きを読む

実物握って初めてわかる。刃ブレゼロのカッターナイフ その名も「グランツ」登場

今日は。Phoenixの横井です。

今までいろーーーーーーーんな工具を取り扱ってきまして、
今回ほど文章と写真で商品の良さを伝えるのが難しいと感じた商品は初めてかもしれません。

どうすれば伝わるかなー、と思いながら、未だに解を見出せず。
とりあえず文章を書き始めてます。さてどうしよう。

モノはすごくいいんです。
めちゃくちゃオススメです。

さてどうしたものか。と私を悩ませているのがこちらの
グランツ・エクストリームカッターです。

何と、こちらのカッター、刃先のブレが全くなしという代物です。
詳しく説明していきましょう!

続きを読む

ニッピ機械のスリッターの下ローラーを変えた話

フェニックスで酷使しているニッピ機械のスリッターの下ローラーを変えました。
(前回は2,014年11月に交換していますので5年ちょいですね。今回はちょっと交換が遅かったです)

当社の使い方ならば最低でも2年に一度は変えないといけないですな。
わたしもいつまでフェニックスにいるかわかりませんので、のちのスタッフのために手順を残しておこうと思います。

あと、ついでに「スリッターという機械がどれだけよく出来ているか」などを書き残しておきましょう。

続きを読む

【新刊】 [カービング やり方]で検索する時間を本一冊で『GUIDE TO LEATHER CARVING For BEGINNER レザーカービング入門』

 

担当者さん「正しいやり方だけ見ていても仕方がないですよー」僕「じゃあ、どうやるんですか!?」

 

「GUIDE TO LEATHER CARVING For BEGINNER レザーカービング入門」

 

はじめまして
ブログ書くのは初めて、スタッフ小柳です。

いつもはネットの処理や発注をせっせことしております。
何度か電話でお話ししたことある方もいらっしゃるかもしれません。

店頭には、たまーにいるので
たまーに声かけてください!

さて、今回はタックの新刊のご案内です。

続きを読む

ハンドプレスを値下げしました。ーこのタイミングで買って下さいな

こんにちは。

レザークラフト暦10数年のよこいです。(嗚呼もうそんなに経つのね…orz)

 

さっそくですがこのブログでも異口同音で何度も

「ハンドプレスはあると役に立つ」と書いてきましたが、

最近はそれに関するお問い合わせも増えてきました。

それだけ

「ハンドプレスは興味あるけど、値段が高いからリサーチ入れてから考えよう」

という人が多いのかなーと思います。

 

続きを読む

フェニックスで買ったハトメ打ち具でフェニックスで買ったハトメを打ったのに割れた、という話

フェニックスで買ったハトメ打ち具でフェニックスで買ったハトメを打ったのに割れたけど、という相談が。

えっ!うちで売っている工具で?

で、見せてもらった結論:工具に問題があった

となります。
でも見た目で全くわかりません。疑問に思ったら遠慮なくお問い合わせください。

 

続きを読む

協進エルのハンドプレスにフェニックスの駒は装着可能なのか調べに東京へ。結論:大丈夫( ´∀`)bグッ!

「協進エルのハンドプレスにフェニックスの駒はつけられるんですか?という質問が多いんですよ。」

あぁ、ちょこちょこあるね。「つけられなかったら返品してください」と言っていけど返品依頼ないからいけるんちゃうの?

「でも確信ないんですよね。で、ムラキさん、いつ東京行きます?」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

続きを読む

カシメを打ち棒で打ったら革に跡が残るのはなぜ?という話

少し前に別のところでミニカシメ 用の打ち棒を購入しました。打ってみるとカーブの周りが大きく、カシメの周りの革に輪の跡がついてしまいました。そこでフェニックスさんの「カーブに合わせて作ってあります」というミニカシメ打ち棒を購入しました。見た目は初めのものと違い、いい感じですが、打ってみるとやはり革の周りに丸い跡がつきます。これは内棒の縁を自分で削る加工をしないとうまくいかないものなのでしょうか?試してみてください。よろしくお願いいたします。

で、このケースですがいくつも考えられる要素があります。
おそらくですが「手で打つ打ち棒の限界だけど、技術でカバー出来ます。でもハンドプレス+駒でやるのが最高です」が回答となります。

続きを読む