札幌遠征話 靴修理ANON~北海道独自の靴修理


ANONさんは北海道札幌中心部から西に離れたところにある修理屋さんです。
この地域ってどんな地域?

「ここらは高級住宅街なんですよ。
店の前から西を見ると山が見えるでしょ?あれが円山公園といって市民の憩いの場です。ちょっと入ると原生林が広がっています。そこから店の前までキタキツネが来ることもあるんですよ」

ほへ〜いい場所ねぇ

「でもたまにくま出没!ということで赤テープがはられて公園奥は立ち入り禁止になりますね」

怖いよ!それが普通なのが怖いよ、北海道!!!
1406kita0328

ANONさんは創業4年目の靴修理屋一本のお店です。

1406kita0319 1406kita0313
1406kita0305

4年目の店にしては機材や道具多いですねぇ
男の子はみんな道具好きだからなぁ

「はは、あそこにぶら下げているコテも実働しているのは半分ほどですね。やっぱり使い勝手のいいものばかり使ってしまいます」

まぁ、その使い勝手がいいものを知るためには全部買うしかないからねぇ。

普段はどんな修理やりはるんですか?

「札幌市内で靴修理はおそらく100店舗くらいはあると思います。
そのため靴修理のメインであるヒールカカト修理などは当店にはほとんど来ません。
中心部の修理屋さんがそれを行っていますからねぇ」

それじゃ大変じゃないですか?

「うちはもうソール張替えに特化していますね。北海道以外からも依頼が来ますよ」

むぅ、確かにソールがごっついものがおおいですね

「北海道という土地柄滑りにくいのが重視されます。これらのビブラムソールにしても特殊なものが多いです。例えば、、、
1406kita0311

これなどはグラスファイバーが縦に入っています。この靴裏を爪でこすると爪が傷つく、というレベルですね」

コシコシ、、、あっ!ほんまや!(-_-;)
じゃぁこのたくさんあるソールはほとんどが寒冷地仕様!?寒冷地専用!?

「寒冷地向けではありますけど、東京でも大雪が降った場合などは張り替えてくれ、と依頼が来ますよ」

ほへ〜ところ変われば、だねぇ。

「ただ、札幌という土地柄か衣替えシーズンではなく、冬のはじめ、11月12月がめちゃくちゃ忙しいですね。
大雪などが降れば東京からも注文が来るのでさらに忙しくなります。なるべく忙しさのピークがないような商売にしたいんですけどねぇ。」

難しいわねぇ

1406kita0318 1406kita0324 1406kita0325

「もちろんソール張替え以外の修理も行わせてもらいますので札幌、北海道以外の方もご連絡ください」

とのことでしたわ

札幌 靴修理 Ânon(アノン)
札幌市中央区南2条西25丁目1−37内田ビル1F
TEL/FAX 011-644-8030
PM12:00-PM19:00
定休日 日曜 祝日

過去の関連blog:


札幌遠征話 靴修理ANON~北海道独自の靴修理」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    円山は中央区の東ではなく西です。
    記事として発信するからには基本情報の裏取りはしっかりと。

    返信
    1. l-phoenix 投稿作成者

      ご指摘ありがとうございます!
      訂正しました。
      今年は札幌は大雪のようで心配です
      来年も札幌に伺うと思いますのでよろしくおねがいします

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*