絞り技法・立体成型・ウェットフォーム技法を学びたいのだけど、どの本がいいの?


という質問が。

二昔前はウェットフォーム・立体成型・絞り技法なんてぇのはそれだけで稼げる技法だったんですが、ネットや技法書の発達でそこらもバンバンと暴かれるようになってきました。
趣味でやる人にはいいけど、食べていく・食べてきた人にとってはキツイ時代になったものですわ。

さて今回は絞り技法(立体成型・ウェットフォーム)はどういう性質で行われる技法なのかから、どの本がオススメなのかまで遠慮なく書いていきましょう。

※フェニックスでは本1冊程度ならば2000円以上で送料無料、かつクレジットカード利用が可能です。
amazonで買うくらいならばうちで買ってくだされ(。-ω-)
150330003

絞り技法に使う革は限られている

動物からとってきた「皮」を鞣(ナメ)した「革」に変える技術を「鞣し」といいます。
この鞣しは大きく分けてクローム鞣しとタンニン鞣しがあります。

この中のタンニン鞣しは「水に弱い」という特性があります。
水に濡れた状態で強い力を与えると与えた力のままに締まってしまいます。
この性質を「可塑性」といいます。
可塑性:皮革用語辞典
TUZIE-基礎の基礎から:湿らせて成形
革の歴史|~革を学ぼう!革で遊ぼう!~ kids’ leather programs

この性質を活かして金属スタンプでこんこんと叩いていくカービングや絞り技法が行われるわけです。

タンニン鞣しとクロム鞣しってどうやって見分けるの? | Tanned Leather
革の話をしてみよう:なめしって個人でできるの?: レザークラフト・フェニックス

具体的にはどんな革?

ヌメ革、と呼ばれる革が最適です。
ヌメ革は厳密には定義付けされていません。なんせJLIAが作った皮革用語辞典にも載っていない言葉です。

「社長、ヌメ革って私的には『分厚くてナチュラルでタンニン革』と思っていますけど違うの?」
「世間ではそういう捕らえ方もあるけど厳密には『後々に加工しやすいように完成2歩手前くらいでとどめたタンニン革』やな。染色会社さんがヌメ革かってそこに色入れたり、オイルいれたりするねん」

 

雑談:タンニン革ってなに?: レザークラフト・フェニックス

当社ではヌメ革の定義を上記のように行っています。
油なども入っていないため水の吸収性に優れており、タンニン100%で作られた革です。
もし他社で買う場合は「カービングに最適です」と書かれているような革がオススメです。
下記の「ニッピヌメ」「昭南本ヌメ」が当店が自信もってオススメします。


ニッピ ヌメ(栃木レザー製) – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP
昭南 本ヌメ – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP

過去において当社のオイルヌメでも絞り技法をした人がいましたが、最初にやるにはオススメできません。

《作品紹介》オイルヌメでの立体成型: レザークラフト・フェニックス

本のオススメをするならば「紳士の革小物」がすごくいい!

結論から書くならば紳士の革小物をオススメします。

大人のレザークラフトⅡ 紳士の革小物 – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP

こちらの本は絞り技法に使う木型の制作から細かく解説してくれています。

150330004 150330005 150330006

 

様々な技法が学べる「革工芸の技法」も読んでおいて損はない

絞り技法とは違うけど、革の「可塑性」やヌメ革を染める際に知っておくと選択肢が増える「草木染め」「ろうけつ染め」なども学べます。この中の「立体造形」はヌメ革の可能性をぐっと広げる技法です。

 

150330008 150330009

150330010

50年は残したい本、「革工芸の技法」: レザークラフト・フェニックス

季刊誌「レザークラフトvol3」は読ませる記事が多くてこれもまたオススメ

絞り技法をきっちり学ぶなら前述している「紳士の革小物」が一番ですが、広く浅く学ぶならばレザークラフトvol3は絞り技法からファスナー、染めなどあさく広く学べます。

季刊誌レザークラフトvol3 – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP
《本》季刊誌レザークラフトvol3 ビジネスアイテム特集: レザークラフト・フェニックス

150330012 150330013 150330014 150330015 150330016 150330017 150330018

過去の関連blog:


絞り技法・立体成型・ウェットフォーム技法を学びたいのだけど、どの本がいいの?」への2件のフィードバック

  1. Lees-products

    はは、お勧めしないって紹介されちゃいましたねw
    確かにタンロー革と比べれば多少難ありかもしれませんが、タンローにできてオイルヌメに出来ないことは極限られてますよ。2度目のチャレンジは是非試して貰いたいものですw

    返信
  2. l-phoenix 投稿作成者

    Leesさん、毎度です ふぇにっくすですわ ヽ(・∀・ )ノ

     絞りのしょっぱなでオイルヌメはオススメしませんわ。でもコメントありがとうございます。
    Leesさんの作品は「オイルヌメでここまで出来るんだ」と私達も驚きましたモノ

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*