ブラッドウッドにミニサイズが登場しました!


いつもPhoneixのブログをご覧いただきありがとうございます。

スタッフの岡田です。はじめてブログを書きます。(先輩スタッフが書いてるのを見てずっとやってみたくて、念願だったので嬉しいです!:)

基本的に店頭にいますので、気軽に話しかけてもらえるとめちゃめちゃ嬉しいです!

 

さて、タイトルにある通り、大人気のブラッドウッドにミニサイズが新登場しました!左がこのたび発売となりましたブラッドウッド ミニです。めっちゃかわいくないですか!!?

女性にも持ち運びしやすい大きさで、大人気の予感がプンプンします・・・(笑)

□ブラッドウッドとはどんな木材?

もともとは線路の枕木として使用される木材です。水に沈むほど繊維が詰まっていて硬い木材です。

レザークラフトにおいても打ち台として使用することができ、穴あけや菱目打ちを使用する際の土台として音対策に効果抜群です。

カシメやホックを止める際に土台がしっかりとしていると工具を叩く回数も少なくなり作業効率があがります。

過去のブログに詳しく書いてありますのでご覧ください。

動画で見よう!音と振動対策:ケヤキの塊を足の上に

 

□通常サイズとミニサイズの違い

ブラッドウッドはマンションなどに住んでる方の防音対策にも役立つアイテムです。

通常サイズだと膝の上に置いて作業が出来るのです!!!膝の上に乗せることで、太ももが衝撃を吸収してくれるので更なる音の軽減が期待できます。

ですが、、、、、通常サイズはなかなかの大きさなので場所を取ってしまう:(

そこで待望のミニサイズ!

欲しいけど、大きいなーと思っていたところに、たまたま切れ端として納品されたブラッドウッドを見て、

「え!!!このサイズ欲しい!!!」

とのスタッフ(ほぼ女子)の声が多数上がったので、メーカーさんに「ミニサイズって作れちゃいますか?」ときいてみたところ、「できますよー」とのこと。

右側がミニサイズです。なんでも小さくなるとかわいく見えますよねぇ。。。

 

 

 

(最近Phoenixはお客様、スタッフともに女子率が急上昇しております(笑))

 

こういう経緯でブラッドウッドにミニサイズが登場したというわけです!!

□どう使えばいい?

具体的な使い方ですが、ブラッドウッドの上にゴム板を置いてもらってその上で穴あけ作業を行います。

下記の画像では、上にゴム板(小)・下にフェルトを敷いて使用しています。フェルトが無くても使用に問題はないですが、敷いておいた方が衝撃を吸収してくれるので、衝撃による音を抑えたい場合は敷いた方がベターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人暮らしの方や大きいスペースを取れない方にオススメの商品です。通常サイズより軽いので移動も楽ちん!

値段も通常サイズよりリーズナブルなので迷われていた方はこの機会に是非~。

まだまだ気軽にお外に出れないご時世、これから暑くなってきますので冷房の利いた室内でレザークラフトしましょう~

(実はそんなに在庫が無いので気になっている方はお早めに!!!)

ブラッドウッド ミニ(打ち台)(サイズ:約9cm×19cm×15cm)

ブラッドウッド (打ち台)(サイズ:約9cm×19cm×30cm)

 

 

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*