【新商品】 シュマーロ ‘ 優しいソフトなシボ入り牛白革 ’


皆さまこんにちは。

電話では80% マツヤマさん と聞き間違えられる革担当 ナツヤマです。
この11月で革担当として丸3年が経ちます。これまで店頭で接客させて頂く中で何度か

「あ、この流れはお客様の痒い所に手が届かないやつだ・・・(´・_・`) 」という気持ちになる事がありました。

急な発表をしますが、私の体感で
お客様の 痒いところに手が届かない リクエスト革ランキング1位

 

「真白で柔らかくて、漉いても床面が白くてカット購入ができる革」です。(ナツヤマ調べ)

 

そこで私の理想の真白で柔らくて、漉いても床面が白くてカット購入が出来る革探しが始まりました。

 

Phoenixにも白い革はあったんですが…

フェニックスでは何種類か白い革を取り扱っています。

アリゾナ(ラッカーホワイト)
牛白革
ディアスキン(ホワイト)

どの白い革もチャームポイントがありそれぞれとっても魅力的!

なのですが、、、

・アリゾナ → ラッカー仕上げの為 銀面は真白だけどコバとトコは白くない  (._.)
・牛白革 → 真っ白だけどハリ感がすごい  (´・Д・)」
・ディアスキン →   丸革なのでカット購入できない  (・ω・`)

 

この条件全てを満たす革は無かったのです ( ˙-˙ )。。。

 

上司に相談したら「無いなら作っちゃいなよ」 ?!

 

と、いう事で この条件 全て満たす革を探し求め
どうやったら思い描く革が用意できるのか色々な方に相談させて頂きました。

そうして丸1年かけ、ようやく形にする事ができました!

 

 

その名も   シュマーロ   満を持しての登場です!

 

 

シュマーロってどんな革?

その名の由来 マシュマロのように ふんわりとソフトで優しい風合い、軽いタッチの革です。且つ程よいハリ感も残しております。

合成タンニン鞣しなのでコバも磨け、刻印もバッチリ入ります✸

何と言っても床面も白いので 漉き加工をしても、コバの処理がトコノールトコプロのみでもキレイに仕上がるのが嬉しいところです!

 

ちなみに、このシュマーロというネーミングはスタッフの長崎出身で一人称が「オイ」のS君発案。
ネーミングセンスが乙女~♡*

 

 

商品名:シュマーロ
製 造:日本
タイプ:成牛半裁
なめし:合成タンニン(ホワイトタンニン)なめし
厚 み:1.5~2.5mm前後
サイズ:200~250DS程度
単 価:DS/¥118 (+税)
焼印率:低
カット:可

 

お試しA4サイズもご用意しております。

 

ただし、お気をつけください。

細かく裁断したA4サイズのものだと
部位によってシボの出方が違うことや、厚みが1.5~2.5mm前後くらいの差があります。
その点ご了承くださいませ。

 

 

染色しても色がキレイ!

 

 

染め付きがよく淡色も鮮明に発色します。
ヌメ革だと、黄色や青系のなかなか微妙な差異が表現しづらいニュアンスもしっかりと表現出来ます。

写真のものはクラフト染料で思いのままに色をつけました。

色々遊べそう(´∀`)  可能性が広がりますね〜!

 

経年変化はどうなるの?

徐々にクリーム色に焼けていきます。
ウレタントップマットを塗ると焼けのスピードが緩やかになります。

ウレタントップマットは革の質感を損なわずきちんとコートして汚れも予防してくれるのでとてもお気に入りです◎

 

左:ウレタントップマットを塗布し2ヶ月

右:オイルのみを塗布し2ヶ月

オイルだけだと焼けるのはかなり早かったです。

 

 

巾着バッグを作ってみました!

あんなのやこんなの作りたいと想像が掻き立てられる革シュマーロ
楽しい妄想がぐんぐん膨らみますね☺︎

あなたならどんなものが作りたくなりますか?

私はホットココアに浮かぶマシュマロを意識して𓎩、ここ何年か流行りの巾着を作ってみました。

マシュマロというより肉まんみたいになりました。笑

(フェニックス新メンバーOちゃんと新メンバーシュマーロ)

 

すでにフェニックスで取り扱いのあった白革の先輩方とは被らない

痒い所にすこーし手が届く革 ( ・∇・)

新メンバー  シュマーロ  をどうぞよろしくお願いいたしますー!

 

たくさんの方にこの革が可愛がってもらえますように。

 

 

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*