スタジオタックの新刊『レザークラフト実践技法40』が目からうろこの内容という話


「Phoenixさん、6月中旬にうちから新刊出るのでサンプルおくります」

「スタジオタックさん、いつもありがとうございます。また目を通しますね~」

 

と、先日のやり取りがありましたが、今日、タックさんからそのサンプルが届きました

『レザークラフト実践技法40』と題された今回の書籍、今までの本とは一線を画す内容で

すばらしいので宣伝させて頂きます~。

文末でも書きますが、Phoenixでは【先行予約】を受け付けます。

うちで予約してくれたらオマケつきだよ~! ←特典配布は終了しました。

 

 

スタジオタックさんはレザークラフト関連書籍をたくさん出してる出版社です

 

スタジオタックさんはこんなこと言うと怒られちゃうかもしれませんが、
レザークラフトというニッチなジャンルを攻めまくっている稀有な存在の出版社さんです。

うちの実店舗の本棚もずらーっと関連書籍が並んでますが、この9割近くはタックさんの書籍です。

「いったい何種類だしてるの、タックさん?」

「改訂版とかも含めるとざっと120~130種類くらいですね。」

ほえー、よくもまぁレザークラフトでここまでネタを拾って来たわね。
執念(?)がすごいですわ。

うちとしても、これらの内容から知恵や知識を得てますので、大変ありがたいですが。

基本的には「〇〇」が作れます、と謳って作り方と型紙を載せている本が多いですが、
それ以外でも、『レザークラフト技法事典』『季刊誌レザークラフト』など、今まで書籍にまとめられていなかったノウハウを
書籍化して広めようという本などもありますので、初心者から上級者までお世話になっている方も多いんじゃないでしょうか。

で、今日ご紹介するのはそんなタックさんの新刊です。今回のは後者、「今まで書籍でまとめられてなかったノウハウ本」の類です。初心者から上級者まで目を通しておいて損はない内容だと思います。

 

内容をパラパラと

この本の特徴について

言ってしまうと、この本が無くてもレザークラフトはできます。
ただこの本のすばらしいところは、

「この本の内容を実践してもらえれば、役に立ちます」

というところです。

目次に目を通してみると、

・革包丁の効果的な研ぎ方
・砥石の面直し(修正)
・定規を使った裁断に適した、革包丁の加工
・革包丁の刃裏の平面出し
・ハトメ抜きの刃の研磨
・ヘリ落としの刃の研ぎ方
・ネジ捻の加工
・菱目打ちの加工
・菱ギリの加工
・手縫い針の加工
・喰い切りの加工
・のりベラの加工
・曲尺の精度点検と調整
・ノギスの加工と便利な使い方
・加工ホビー鉋を使った段漉き
●仕立て編
・精度の高い型紙の切り出し方
・塩ビ板を使った裁断
・ロール布の切り方
・革の裁断と刃物について
・精度の高い手漉き
・ギン面の荒らし方
・接着剤の適切な塗り方
・酢酸ビニル系接着剤の調合
・コバに筋を残さない接着手順
・治具を使ったパーツの接着
・接着したパーツの剥離
・布パーツの正確なへり返し方
・ファスナーを正確に貼る手順
・スライダー止めの留め方
・くるみボタンの簡単な作り方
・カシメ類の打ち方
・錆びたバネホックの研磨
・打ち損じたカシメの外し方
・手縫い針の留め方
・溝を彫らずにステッチを沈める方法
・精度の高い手縫いの手順
・整った縫い始めの手順
・整った縫い終わりの手順
・厚い革のコバ磨き
・手紐芯の収め方

と、今までの本に載っていない「プロがプロたる所以」みたいなノウハウが
この本には載っている気がします。

刃物工具の研ぎ方にしても、プロ(きれいに作る人」ならやってて当然だよね、と暗黙だったものが本に内容として紹介されてます。これは結構画期的な事じゃないかなと。

私が特に唸ったのが、「カシメ類の打ち方」という項です。
(写真は載せられないので、気になる方は買ってくださいな)

クラフトショップ店員として恥ずかしながらもここは気が付かなかった。

作るプロはやっぱりすごい。

監修はGak.Leather worksの勝村岳氏

で、誰がこんなマニアックなところまで掘り下げたんだろうと思ってみたら、勝村氏でした。

最近タックさんから出ている書籍でもよく監修されている方ですが、
『レザークラフターのための革漉き機と工業用ミシン 上級セットアップ』を監修されている方ですね。

こちらの本も、かなーーーりマニアックというか、そこまでやっちゃうのかよ、的な内容で
唸る内容となっておりましたが、

今回の『レザークラフト実践技法40』でもその才が如何なく発揮されています。
作るプロって本当にすごい。

私はまだお会いしたことないんですが、いつかお会いしたいなー。

 

まとめと先行予約(おまけ付き)のご案内

書籍の宣伝ブログなので、ネタバレできませんし内容についてはあまり詳しくはかけないですが、
クラフトショップ店員の目線では目からウロコがぼろぼろと落ちました。

「なんでうまくいかないんだろー」

「プロの作ったやつはどうしてこうもきれいなんだろう」

と漠然と疑問を持たれている方にはヒントになる内容かもしれません。

へんっ!俺は別にプロになるつもりはないから読まなくてもいいや!

という意見はそれは正しいと思います。

ただ、ご自身の作るものをもうワンランク上に持っていくのに、この本は役に立つ内容だと思います。

 

特典付き先行予約は終了いたしました。

そんなこんなで今回は【予約販売】※おまけ付き をしようと思います。

本だけだったら某巨大ネット通販サイトでも買えるこのご時世、一介のクラフトショップでは太刀打ちできませんが、うちで買ってくれたらオマケをお付けします。

大阪商い人なので大きな声で言います

「だからうちで買ってください」

うちで買ってくれたら人気の手縫い糸「六花 ポリエステル5mm」のお試しサイズ(※約5M)をプレゼント!
ぜひともこの書籍後半に紹介されている、「精度の高い手縫の手順」にお役立てください

 

ご予約はこちらから。(予約特典付きは6月11日午前10時までの予約となります。)

ご予約、ご注文はこちらから(特典配布は終了いたしました)

この本1冊だけならネコポス便で送料無料となりますので、
うちで買ってください。AMA○ONより日本の小さなクラフトショップを応援してください。切に…。

 

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*