【型紙付き】あまりにもマスクが売ってないので革で作ってみたよ。


こんにちはやまねです。

Phoenixの商品の写真を撮ったり、レタッチしたり、デザインをしたり、SNSで発信したり、ネットショップの中をあれこれいじったりしています。

 

連日の新型コロナウイルス関連のニュース、心配ですね。早く収束してくれることを願うばかりです。

予防しようにもマスクもほんと売ってなくていつまでこんな状態が続くのか。。

 

と、そんな時isoさんが

iso >>「『革 マスク 作り方』ってキーワードで検索かけてうちのBlogに迷い込んでる人いるみたいやねんけど、そのキーワードでヒットするのってこのページやねん。↓↓↓

革の立体造形をしたいんだけど、という問い合わせから、革の立体造形を動画解説

ほんで、他に出てくるのはほぼペストマスクやねんなぁ・・多分今の状況(コロナ)で知りたいのってそうじゃないよね!? 」

って。

やまね >>「今マスクで検索してこれ出てきたら・・・」

 

どんなブログか気になる方は見てみてくださいw

これはこれで需要ある記事かもしれないけど、今みんなが検索してるのはこれじゃない。。!

 

iso >>「やまねさん何かやってみたら?(やるよね)」

や >>「えっ」

 

ってことで

作りました。(これも需要あるかどうか怪しい。)

革のマスクA
革のマスクB

床革で作ってまして、肌に直接触れるの良くないしペーパーを三つ折り>>二つ折りにしたやつを中に挟んで使う想定です。

「床革って何よ?」って人はこのBlogがおすすめです ↓↓↓

床革の話 ~もう、僕はかめはめ波は撃たない!?編~

 

あとわりかし密着して苦しいので空気穴を開けました。

作ってみたい方のために型紙をダウンロードできるようにしてありますので
よかったら遊び用として作ってみてください。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽

マスクAのファイルをダウンロード
マスクBのファイルをダウンロード

自分の顔の形にフィットするようにアレンジするもよし、カービングやスタンピングでカスタムするもよしw

 

あと、この革マスク。(←大事)

そもそも革は肌に直接触れることを前提として作られていません。
製造段階や仕上げ段階で様々な薬品が使用されています。それらが直接肌に触れるのはいいはずがありません。クロム鞣しの革だったらもちろんクロムアレルギーの方はNGです。
革の性質上カビの発生なども考えられます。
短時間、撮影のために使用するなどであれば問題ないかもしれませんが、人によってはアレルギー症状が出る可能性もありますので十分注意してください。(他人の手に渡る場合は特に注意してくださいね)

あと飛沫を避ける、くしゃみを撒き散らさないという機能はあるのかなとは思いますが
本物のマスクのような効果は期待できませんので、あくまでも「作ってみた」くらいの気持ちで使ってくださいね ^^  ウイルス対策に本来のマスクの方がいいなんて、いうまでもありませんがw

使用後はアルコールスプレーで殺菌がいいのかなとか思いますが、専門家ではありませんので正しい方法なのかはわかりません。
こんな時だから家でレザークラフトを楽しんでいただければという気持ちからの記事とご理解いただけると嬉しいです。

 

おそらくマスクゴムも売り切れてると思うので、オススメは髪ゴムの”ぽいぽい”ってなってるタイプのやつです。柔らかくて耳が痛くなりにくいです。
こんなゴム。↓

先日ツイッターでアップしてみたら予想外に反応があったので、ブログでもシェアしてみました。

 

というわけで「革でマスクを作ってみた話」でした。

#コロナに負けるな

 

過去の関連blog:


【型紙付き】あまりにもマスクが売ってないので革で作ってみたよ。」への2件のフィードバック

    1. l-phoenix 投稿作成者

      Ken様
      コメントありがとうございます。
      殺菌にはアルコールスプレーなどが有効だとは思いますが、専門家ではないので確実な方法はお答えできかねます。あくまでものづくりを楽しんでもらうための記事としてご理解いただけると幸いです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*