タグ別アーカイブ: 刃型

動画で見よう!協進エル 18.11月中旬販売のハンディプレスでここまで静かに作業できる

先日東京浅草で行われたA-ROUNDに革日和としてムラキ個人出展してきました。

今回はフェニックスではなくムラキ個人ですが、まぁ、セミナーとワークショップ主体。ニッピ機械さんの新型漉き機をお借りしてちょいと展示をしよう!と思ったのですが、まさかあれだけ人が来てくれるとは。。(;´д`)
満足に触れなかった人申し訳ないですわ。ここらの話はまた後日にでも。

で。
今回協進エルから展示用にお借りしたハンディプレスも陳列して触ってみたのですが、面白いです、これ!
確かにこれがあればレザークラフトの最大の欠点『音と振動』を軽減できますのでその紹介をしてみましょう

【予約販売】レザークラフト ハンディプレス – ヌメ革と真鍮金具とレザークラフト材料の通販-フェニックス

 

続きを読む

刃型の話をしよう!一定の高さに溶接する大変さや、補強板の話

人生108回あるならば3,4回は刃型屋したいな、と思っていますが、刃型屋さんからは「もうええわ、この仕事は (´・ω・`)」と呆れ返られます。

だから。

刃型はこういう点がわかると面白いよ、という刃型に関するblog記事を久々に。

続きを読む

刃型の話をしよう:穴も空けてくれる刃型は注意点がいっぱい。バックル穴はめさ高くなる

「人生108回あるなら3回くらいは刃形屋さんやろうかな」と思えるくらいには微妙に刃型好きです。

フェニックスでは刃型の代行製作をしています。
で、今回は穴も空けてくれる刃型を作ってみたいな、という方向けの話

続きを読む

刃型の話をしよう:ピンと穴あけポンチの違い

先月くらいからスマホを変えました。
ネクサス5xという最新機種に!カメラの性能がよくてコンデジ持ち歩く頻度が下がりましたね。
でもスマホで撮ると縦長になるのがちょっと間抜けで苦手です。

で。
先日の刃型相談
「厚み1.6mmのタンニン革を刃型で裁断。その際に針金が通るような細い穴0.6mmを開けたい」
ということでした。
回答としては
「タンニン革はギュッと締まっているので0.6mmだと穴が詰まる可能性が高いです。
穴をせめて1mmの大きさに変えるか、ピンに変えるのも手かと思います。」というもの。

「最低限の目印さえつくのであれば、あとから針で穴を開けられるので、後述されましたピン穴を使いたく思います。
ピン穴を使ったものはどのようなものか教えて下さい」とのことでしたので解説してみましょう

160329001

続きを読む

刃型の設計思想の美しさ。厚い革を抜く刃型

 

刻印の簡易見積もりフォームにつづいて刃型の簡易見積もりフォームも作りました。

が、刃型は大きささえわかれば簡単に見積もり!というものでもありません。
今回は同じような刃型で何がどう違い、それが値段にどう影響するのか、などを話してみましょう。

150510hagata0000

続きを読む

刃型見積もり:ドーナッツ型は高くつく3つの理由

刃型は完全オーダーメイドの割には結構安く作ってくれます。
ではどれくらいで出来るのか、どういう点が高くつくのか、をポチポチと書いていきます。

今回の刃型はドーナッツ刃型。
これは高くなる要素が満載の刃型です。

15041301

続きを読む