【新商品】Phoenix、イビザやるってよ【革】

どうも、革担当のよこいです。

どうやらPhoenixでは6月の新しい革として

Tempesti社の革をやり始めるようです。

Tempesti社と言えば、すでに取り扱っている

エルバマットマイネの製造元タンナーです。

数多くのタンナーが集まるトスカーナ地方でも植物鞣しの生誕地と言われるサンタクローチェ地区にある老舗タンナーであるテンペスティ社〜

エルバマットは既にご存知の方も多い人気革で、
そのしっかりと加脂されたシングルバットと
マットながらも色鮮やかな発色が他に類をみないユニークな革で、

マイネは最近じわじわと人気が出てきている革で、
その特徴は、フルタンニン鞣し革にもかかわらず美しい透明感のある色展開が
魅力のダブルショルダー革です。

  
マイネさん               エルバマットさん

それぞれの革はすでにPhoenixでも人気のインポートレザーで、

Tempestiの名前は私たちPhoenixの中では

「間違いないタンナー」という位置付けです!

 

そんなTempestiから届く新しい革。

ワクワクしないわけないですよね。(私が)

新しい名前はイビザという名前です。

 

 

地中海に浮かぶスペイン領の島、Ibizaを彷彿とさせるギラギラした名前です。

(本当にそれが由来かどうかは知りません。勝手に言いました。すいません)

 

どういう革かと申し上げますと、

エルバマット並みにたっぷりと加脂されたシングルバットで

ツヤツヤで色鮮やかな7色をご用意。

革の特徴はいくつかあるのですが、

個人的に良いな、と思ったのが

たっぷりオイルによるプルアップ加工です。

Tempesti社の色鮮やかな革のプルアップ加工は

他社のプルアップとはまた違った表情の出方といいますか、

潔いプルアップだなと(使用者の個人的な見解です)

 

ツヤ加工の革は、当店のルガトータンニンキップのように

どうしても仕上げの都合上吟面が硬くなりやすいのですが、

このイビザはツヤ加工でありながらも、

もっちり、しなやかな質感で吟の強張りもあまりありません。

カバン、小物など幅広くお使いいただけるかなと思ってます。

 

今までありそうでなかった革なので、

お店に来られた際はぜひ見ていってくださいな。

見るだけなら無料ですので、にっしっし。

商品名:イビザ
なめし:タンニンなめし
仕上げ:染料仕上げ、オイルプルアップ、ツヤ加工
厚 み:2.0mm前後
大きさ:100DS前後(シングルバット)
DS単価:¥165(+税)
カラー:全7色
焼印率:0%
カット:可

 

 

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*