スタッフKの『コレ、ええで』#004【TY-ぎんすり】
~吟面の向こう側へ~

普段クリエイター活動をしているスタッフKが、
『これ、ええで』と思う商品を紹介するコーナー第4弾!!

本日紹介する商品は【TY-ぎんすり
革の表面を、一定の幅分だけ荒らすための道具なんですが、使ってみると便利でしたのでご紹介します。

皆さんは革の吟面は何を使って荒らしていますか?
カッター?NTドレッサー?やすり?サンドスティック

どれを使っても良いのですが、一定の幅で荒らすのは割と神経を使いめんどくさくないでしょうか?

革担当よこいが「ものさし当てりゃーいいじゃん」と的を射たスマッシュな回答をしましたが、
吟面を荒らしたい革というのはツルツルしている物が多かったりします。(当店で言えばルガトー)
カッターなどを当てて荒らしている時に、『ものさしがずれて思わぬ場所を荒らしてしまった』
という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?(いるよね?え、いない?いや、いるでしょ。圧)

そんな時にオススメなのが、この【TY-ぎんすり】というアイテムです。
僕は数年前からこんな商品欲しいなーと思っていたら、いつの間にやら販売されてたんですね。
世の中同じことを考える人がいるもんだ。

このアイテムは、カッターの刃をセットして使用します。

本体についている抑えネジで刃の出る幅を調整し、縁から荒らす幅を決めます。
吟面に当てる刃の角度のコツを掴めば、1発で吟面を荒らすことも可能。
机のへりを使って作業するとやりやすいですよ。

ちなみに、割と腰の有るヌメ系の革に使うのがオススメ。
あまり柔らかい革だと革がよれてしまいます。

制作元の辻永クラフト工房様のページにて詳しい使い方が掲載されているので一度ご覧ください。
辻永クラフト工房様のTY-ぎんすり紹介ページ
(辻永クラフト工房様、掲載許可ありがとうございます!)

なにやら加工すると更に使いやすくなるそうなので、スタッフKも挑戦してみようと思います。

いやー同じことを考える人がいるもんだ。(割と悔しい)

ご購入はこちらから
・TY-ぎんすり

それでは皆様よきレザクライフを。アデュー。

過去の関連blog:


スタッフKの『コレ、ええで』#004【TY-ぎんすり】
~吟面の向こう側へ~
」への2件のフィードバック

    1. l-phoenix 投稿作成者

      ふぇにっくすです。
      ご指摘ありがとうございます。訂正しました

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*