クラシックカーの祭典 姫路 2017 コッパディ姫路トリエンナーレ 12/2、3

コッパディ姫路はヒストリーカーが姫路を中心として播州路から丹波路そして淡路へと駆け抜ける2日間のラリーイベントです。

12/2の朝10時から姫路城大手前公園から出発、とのことなので個人的な興味で見に行ってきました。12/3 日曜日 13時ごろから車が帰ってきて表彰式とのことですので興味ある方はまた姫路城まで

90台近くのヒストリーカーが

旧車、クラシックカー、ヒストリーカー。とにかく現行生産されておらず数十年経過している車ばかりが姫路城前の大手前公園に揃い踏みました。

これらが実際に走り、姫路播州淡路島まで2日にわけてラリーをするとのことです。

会場には90台近くの車が並んでおり圧巻です。
車関係は当社社長が詳しいのですが、ムラキは単純に「おっ、かっこいいな」「かわいいな」というだけの個人的好みで写真を撮っていました。

いいね、男の子心くすぐるね

10時からの出走シーンは圧巻

90台の車が場内アナウンスにあわせて1台ずつ順次出走していきます。
ラリーとのことですが、車の性能は千差万別。
お祭りに近い雰囲気でした。
流線型や丸みのある美しいボディはオーナーにより美しく艷やかに光り輝き、子供も女性も見守る中、エンジン音も高らかに出発していきました。

12/3 日曜日 13時過ぎには揃い踏みますので興味ある方はぜひ

 

吹奏楽と警備員さんお疲れ様でした

会場では姫路市吹奏楽団が朝早くから生演奏を行い花を添えてくれました。
12/17にはクリスマスコンサート予定とのことです。

  

また、出走する車にあわせて通行中の車や歩行者の誘導を行っていた2名の警備員さん、終わった直後に「いつもより緊張しました」とのこと。90台近くの車の出走手伝い、お疲れ様でした。( ´∀`)bグッ!

 

 

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*