スタッフKの『コレ、ええで』#002

Phoenixではクラフト社や協進エル社などの発注を担当しておりますが、
普段はクリエイター活動もしているワタクシ。
恐縮ではありますが、そんなワタクシ目線の『コレ、ええで』と思う商品をブログで紹介するコーナー。

なんとか初回強制打ち切りを乗り越え、第2回目となりました。

本日紹介する商品は【サンドスティック】です。

たかがヤスリ、されどヤスリ。
でもコレが意外と便利アイテムなんです。

タンニン鞣し革のコバを磨いて仕上げる際、
磨く前に紙ヤスリを使用されている方が多いと思うのですが、
サンドスティックがオススメなんです。


サンドスティック荒目


サンドスティック極細目

・目の荒さが3種類あって使い分けしやすい《オススメ度:普通》
→【サンドスティック荒目】は両面で目の荒さが違います。片面は【荒目】もう片面は【細目】になっています。
【サンドスティック極細目】は両面とも【極細目】になっています。
個人的には、極細目よりもさらに細かい目があれば完璧なんですが・・・
それでも段階的に使い分けができて便利です。

・スティック形状が使いやすい《オススメ度:高い》
→スティックに硬さがあるので力を加えやすく削りやすい。
ほど良くしなりもするので、カーブなどもキレイに整えやすいんです。

・紙ヤスリと違ってへたりにくい《オススメ度:最高》
→結構しっかりしています。
紙ヤスリだとすぐヘロヘロになるし、目がダメになってしまって、
どんどん新しいものに交換しないといけませんが、
サンドスティックはなかなかへたりません。
私は購入して1年以上愛用していますが、まだ現役です。

 作業性も良く、長持ちもするのでオススメです!

あくまで私のやり方ですが…
【荒目】…貼り合わせの段差などをなくすときに。
【細目】…ある程度コバを整える時に。
【極細目】…コバをキレイに整える時に。

3種ともコバに少量の水分を含ませてからヤスリがけすると整えやすいですし、綺麗に仕上がります。

最後にウッドスリッカーなどで磨くとツルツルピカピカになるのですが、
最近新しく取り扱いを始めた nijigamitool ウッドスリッカー がなかなか良さそうです。
近々Blogでも詳しい説明がアップされると思いますので、乞うご期待!

サンドスティックはお求めやすい価格ですので、是非一度お試しください。

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*