【重要】出荷における革の梱包について

いつも当ブログをご覧頂き、また当店をご利用頂き誠にありがとうございます。
Phoenix 革担当の横井でございます。

本日は表題の通り、出荷における革の梱包についてお知らせがあります。

昨今の配送業者の荷物取り扱い量の急増で
配達員の負担などが限界を迎えているなど
配送業界の厳しい情勢が頻繁にニュースで伝えられておりますが、
先日当店の荷物の配達をお願いしているヤマト運輸さんより
今後の荷物の取り扱いについて通達がありました。

細かな料金の変更などもありましたが、
一番大きな変更点として、

荷物の3辺(縦×横×奥行き)の合計が160cmを超えるものは
取り扱いが出来なくなります。

図にするとこういう感じです

このサイズに収まらないものは特殊荷物として取扱われるため、
送料が通常のものの約3倍となってしまいます。

革を商品のメインとして据えている私どもとしては寝耳に水で、
革を発送する際の大半がこの例に収まらないことになってしまいます。

通達以降、何度かヤマト運輸さんと協議を重ねてきましたが、
上記の点はどうすることもできない、ということになってしまいました。

上記サイズがどの程度かといいますと、
成牛半裁革だと背中→ベリーの寸法(C)が約130cm程ありますので、
(A+B)で直径15センチほどの巻きに抑えなければならなくなり、
柔らかい革でも2枚程、分厚い硬い革などは1枚で規定サイズに到達、もしくは超えてしまいます。
ですので、カットで承った革や、漉きで極端に薄くした場合などはある程度の大きさまで問題ありませんが、
革をご注文のお客様のほとんどがこのままだと規定越えのサイズになってしまいます。
ホントに耳が痛い。。。

 

さすがに送料を3倍に値上げるわけにはいきませんので、
その対処方法として以下を考えております。

半裁革のベリー部分を一部折り畳んで発送する

ホントにホントに心苦しいのですが、
革の一部分を折り畳んで発送する方法が先ず1つ。

とはいっても革をまっぷたつに折り畳む訳ではなく、
イラストの色の濃い部分、半裁革のベリー部分の一部を内側に折り畳めば幾分コンパクトにたためるようになります。

複数口でお送りさせて頂く

旧来であれば革にダメージが及ばない範囲内でなるべくたくさん巻くように
心掛けてきましたが、
以降はサイズを念頭に置かねばなりませんので、
サイズ超過分については別梱包でのご用意となります。

たとえば、オイルヌメを元厚で2枚お買い上げ頂いた場合、
2枚を1巻きにしてしまうとサイズ超過となってしまう為、
2個口での発送とさせて頂く可能性があります。
※この場合の送料はお客様のご負担となってしまいますので、なるべく避けたい手段です。

 

どう工夫してもサイズを超過してしまう革、
例えばボックスカーフのようにサイズの大きな丸革はなどをお送りする方法は
正直今も迷っています。

ホントに困った。。。

なお、お客様の方で、
「送料かかるのもったいないから
ベリー部分を予め分割しておいてもOKダヨ」
ということがおありでしたらご注文時にお伝え頂けると
非常に有り難いです。

とっても急なお知らせになってしまって申しわけないのですが、
本日より順次新しい梱包方法で対応させて頂いております。

今後もヤマト運輸との協議および他の配送方法への切り替えの検討など、
なるべくお客様へご迷惑がかからない様な方法を検討して参りますが、
一旦は上記の様な内容で進めていかせて頂きます。

なお、ご不明な点やお気になられる点などございましたら
ご注文時にお問い合わせ下さいませ。

文責ー横井

 

 

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*