スニーカーにフックをつけて靴紐の脱ぎ履きを楽にしてみた

※2013年に書いたblogを拾い上げてみました。

コンバースのスニーカーを購入したのだが紐靴で脱ぎ履きが大変だったので、それをどのように軽減したか、という話を。

1312hook013.jpg

1312hook010.jpg


最近コンバースのスニーカーを買いまして。

「ムラキさん!革関係の人間が革靴買わないでどうするんですか!?」

1年320日はバイク乗っている人間にすべてを革靴履けってのは無理よ( ´Д`)
雨にさらされたりするから染みになってしまうわ

で、購入したスニーカーなんですが悪趣味な色使いは気に入っているのですが、いかんせん脱ぎ履きが大変です。

1312hook003.jpg

脱ごうと思うとこれくらい紐をとかないと脱げません。

1312hook002.jpg

ん~、なんか手がないかなぁ、と思ったら、、、、
そうだそうだ、アフトドアフックがあったわ!


アウトドアホック アンティークゴールド – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP

これを付けてみよう!というのが本日のお題

1312hook005.jpg

1312hook006.jpg

アウトドアホック用打ち具 – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP

スニーカー本体についているハトメを外すと穴が大きくなりすぎる気がしたのでハトメの上にそのまま装着していきます。

1312hook008.jpg

1312hook007.jpg

1312hook009.jpg

ガンガン、と。

1312hook010.jpg

装着後裏面から見たところ

1312hook011.jpg

出来ました~

1312hook012.jpg

1312hook013.jpg

試しに片方だけフック装着、他方はそのままで過ごしてみましたが脱ぎ履きは格段に楽になりました。

シューネクストの型紙セミナーを見学の際に講師の古瀬氏に聞いてみると、、

型紙セミナーを見てきた。モカシンなんて簡単じゃないの?と言ったら怒られた | レポート | シューネクスト

1312200081[1].jpg

古瀬先生
「上部分をフックに替えたのは理にかなっていますよ。
そういう場合はこの部分から上をフックに替えるだけで格段に脱ぎやすくなります。
ムラキさんのはフックが2列ほど多いかもしれませんね。

1312hook001[1].jpg

下の部分はアイレット(ハトメ)で止めて、上の部分はそのようなフックでとめるのがいいです。
履き口の入り口部分ですね。

下はアイレット、上はベルトでもいいですね。
靴の上の部分は履きやすい、履きづらいが決まる部分なのでベルトやフックのほうが便利ですね。

靴の下の部分はしっかりと留めましょう。
日本人は脱ぎ履きし易いスリッポンを好みますが、実際に歩く場合は靴紐をしっかりと留める事で足の疲労具合は格段に変わりますよ。

林業などに従事している人は全部アイレットだと脱ぎ履きしづらくなりますのでフックを使います。」

ほへ~、なるほどなぁ。

スニーカーの脱ぎ履きに困っている人にはオススメです。
修理業者さんなんかはこんな風に変更できますよ、というオプション提案は需要あるのでは、と思います。

ネットショップ
アウトドアホック アンティークゴールド – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP

アウトドアホック 真鍮生地 – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP

アウトドアホック ニッケルシルバー – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP

アウトドアホック用打ち具 – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*