《革》新定番革 アリゾナ

こんにちは、吉川です。

2週間ほど前から、
新しい革が仲間入りしています。

イタリアのトスカーナ州にあるタンナー
コンチェリア・ラ・ブレターニャ社(CONCERIA LA BRETAGNA)が製造する、
アリゾナ』という革です。

73853245.jpg

今までフェニックスで扱って来た革と雰囲気、方向性は同じだけど、
これがまた違った提案ができる革なんです。

 
まず、一番大きく提案できるポイントは、
“芯通し”であるということです。
サンプル帳もご用意したのですが…

73873377_o2.jpg

断面を見て頂ければ、お分かり頂けると思います。
今までは、芯通しになっている革と言えばルーベしかなかったのですが…
ルーベはコンビ鞣しです。
タンニン鞣しで芯通しというのは今回が初めてになります。

 そう言えば、ルーベの新色ピンクをようやく画像に追加できました。
 あと、ルーベのお試しサイズも作ってみました。
 サンプル帳を作るほど色展開できていないので、急遽用意した次第です。。。

話が逸れてしまいました、すみません。
芯通しの話に戻りますが、
実はフェニックスでは、タンニン鞣しで芯通しされた革を敬遠して来た経緯があります。
理由は長くなるので、詳しくは別の機会に書きますが、
そんな中、以前から芯通しを目当てでご来店頂くお客様も多く、
僕たちが納得できるタンニン鞣しの芯通し革を探していたところ、
アリゾナに行き着いたということです。

2つ目のポイントは、
“ショルダー”だということです。

今までフェニックスでショルダーと言えば、
靴製作用の中底用Wショルダーしかありませんでした。
鞄や小物にお勧めできるショルダーの革は初めてなんです。
そして、ヨーロッパのショルダーは…

73853245_o2.jpg

ほぼ四角い形にトリミングされているのが嬉しいんです!
元々は入り組んだ形をしているのですが、
トリミングされていることで、取り都合が向上しロスが減るんです!
ありがたや、ありがたや。

ショルダー部分は、ベンズ部分に比べて繊維は若干粗くなりますが、
鞄や小物としてであれば、強度は十分です。
横方向に流れるようなシワがあるのも特徴で、
作品に取り入れる事で、革らしい表情を印象付ける事ができ、
また1点ものとして付加価値を付ける事もできます。

“今までも、
 タンニン鞣しの染料染めの革が大好きで、
 いろいろ定番でやってきましたが、
 今回のアリゾナも方向性は同じ、
 でも、今までの革と被らない”

ご理解頂けましたでしょうか?

しかも、天然のシボ有り!!

73853245_o3.jpg

しかも、いきなり12色展開!!

73853245_o1-1.jpg

しかも、夏に2色追加予定!!!

それに伴い、色の名称を変更させて頂きます。
BRN(ブラウン)→ CML(キャメル)
BLU(ブルー) → TQS(ターコイズ)
新たにブラウンとブルーが仲間入りする予定です。
出だしからややこしくなりますが、よろしくお願い致します。

商品名:アリゾナ
なめし:タンニンなめし
仕上げ:染料仕上げ
厚 み:2.0mm前後
大きさ:100~160DS前後(Wショルダー)
DS単価:¥145(税込)
カラー:全12色
焼印率:0%
カット販売も可能です。

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*