18.12/29(土)マイクロカービング講習会・フィギュア編 in大阪 サンプル師が教えるバッグ教室


昨年同様、サンプル師が教えるバッグ教室にて12/29にマイクロカービング講習会が行われます。

内野高広 氏をお迎えして、マイクロカービング講習会・フィギュア編を開催することとなりました。課題は、和柄の「金魚とカエル」です。

■講習会後に「革仲間さんの忘年会」やりまーす!
せっかくのこのチャンス逃すなんでもったいない。親睦会かねて忘年会を開催します。
ただ、現在まだざっくりしか決まっていないのですが…。
場所は、大阪難波周辺のお店。時間は、17:30~18:00ごろスタート!
参加費は、お一人様 ¥5,000 までで、考えています。

詳しくは下記HPを御覧ください。

マイクロカービング大阪講習会 | Design LAB. Fable 
日  時 2018年 12月29日(土) 10:00~17:00(受付 9:45~)
会  場 サンプル師が教えるバッグ教室(大阪市浪速区敷津東1-4-17 #3D)
※大阪市浪速区役所横のビル/1FにPhoenixさんがあります
費用および
持ち物など
講習費 13,000円

●講師側で用意する物
・講習図案
・革
・トレスフィルム
・マイクロフィギュア用モデラ 購入 2,160円
※ 以前講習参加の方は購入の必要はありません。ご持参ください。
・ウロコ用刻印 購入 2,500円 ※レンタル可
・カービング手順書

●受講者様の持ち物
・筆記用具(芯の細いシャープペンシル(0.5mm、消しゴム等)
・トレスの際のマスキングテープ
・モウル(10ozもしくは12ozと16oz〜20oz)
※ 2本あるといいですが1本でも大丈夫です。ウロコ部分に軽量タイプ
・鉄筆
・スィーベルナイフ(刃厚1.2mm前後ひとつ)
・革砥
・カービングウェイト
・マイクロフィギュア用モデラ
※ マイクロ講習会に初参加の方はご購入ください
・必要な刻印詳細
(※印が付いてる物は現在販売されていません)お持ちの刻印と照らし合わせて無いものは揃えてください。)

チェックベベラ
通常使用の幅の狭いものと広いもの。3種あるとよい
【例】クラフト社) B701細+B198細 ※チェックベベラは細かいものに限る

スムースベベラ幅の違う3種
【例】クラフト社) B203+B20

アンダー(リフター)3種あるとよい
【例】クラフト社) B892+B60+B61

ペアシェイダー(サムプリント)
【例】クラフト社) P367(スムース) or P368(縦)どちらか

・蓮の葉に使用するペアシェイダーに関しましては上記とは別に
【例】クラフト社) P206+P208+※P226
協進エル)   P703+P208+P226(P226クラフト社)

波紋用
F896(F897でも良い) スムースベベラでもよい

バックグランド 以下の中から 1セット揃えて下さい
【例】クラフト社) F900 or F901 or F899+F898
※模様無しのチェックに限る

複数本在るものに限り、私物の刻印を貸し出しできます。

・ウロコ用刻印 2,500円
レンタルします。講習会後にお買い上げ出来ます。
講習前にお買い上げ頂けましたら2,500円にて講習会費と一緒にお支払いください。
※レンタルご希望後の購入につきましての領収書は手書きになります。
講習会後のお買い上げについても2500円で構いません
(レンタル用刻印は全て新品刻印を加工しています。
なので中古扱いではありませんのでご安心ください)
レンタルされた後に購入の場合は当日別途2500円頂きます。

定  員 10名
※募集人数に限りがあるため、予約の上、振込み完了をもって、予約確定となりますので、ご注意ください。
募集期間 2017年11月16日(金)~ 11月30日(金)
注意事項 ・お申込み期間中であっても、定員になり次第、募集を締め切ります。
・フォームよりご予約いただきましたら、講習費・刻印代など詳細を記載しました確認メールを送信いたします。メール発信日より1週間以内にお振込みがない場合はキャンセルとさせていただきます。
・ご事情により、1週間以内のお振込みが難しい場合は、ご連絡ください。
・昼食は、ご持参いただくか、まとめてお弁当を宅配する予定です。宅配をご希望の方は、メニューをピックアップしてご連絡いたします。(当日実費支払)
・お問合せのメールの返信および、参加申し込みの自動送信メールはパソコンから発信されます。パソコンメールを受信可能な状態にしておいてください。◆重要◆ ご入金後のキャンセルについて
運営準備、刻印製作などの事情で、ご入金後の受講者様都合のキャンセルの場合、ご返金できませんので、ご了承ください。なお、その場合、ご購入いただきました道具とともに、講習の資料および材料は、講習終了後、2019年1月10日ごろに発送いたします。
ご 協 力 サンプル師が教えるバッグ教室  中村 保義 氏
個人情報のお取扱い 今回の講習会に必要範囲内の個人情報を収集、適切な取扱いで利用し、厳重に管理します。
なお、今回ご提供いただきます個人情報は、講師・協力者に提供します。
今後、イベントなどのお知らせなどを発信させていただく場合がございます。あらかじめ、ご理解ください。

過去の関連blog:


18.12/29(土)マイクロカービング講習会・フィギュア編 in大阪 サンプル師が教えるバッグ教室」への3件のフィードバック

  1. 宮里

    菱目打ちやパンチがほっておくとすぐにサビつくのですが、フェニックスさんではどうやって保守されてます?

    返信
    1. l-phoenix 投稿作成者

      ふぇにっくすです。

      販売時にはビニールが付いてサビ防止になっています。
      で、サビがつくつかないですが、工具を保存している場所の湿気の多さに左右されます。
      過去に聞いたのは沖縄の方で海沿いの方は風に湿気と塩が多く簡単に錆びる、と言われました。

      そうなると乾燥剤を入れた工具箱に保存かな、と思います。
      引き出しに入れておくにせよ、乾燥剤を入れておくと結構違います。乾燥剤は100均でも販売されています。
      あるいは薄くオイルを引いておく、という方法もあります。

      サビた場合ですが、砥石でわざわざやらなくても紙やすり800-1000番位で磨けば軽いものならば取れます。

      返信
  2. ふぇにっくす

    あぁ、そういえば思い出しました。
    綿にミシンオイルなどを含ませてタッパーに入れておく。刃物の類を使い終わったらそれで表面をなでて保護、という方法もあります。
    タッパーに入れておくことで綿に含まれたオイルの揮発を防ぎます。

    このようにやっておられる方もいましたね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*