ニッピ機械の新作卓上漉き機が面白い&お披露目 18.10/12.13 inフェニックス3F

「居間においても違和感のない卓上漉き機を開発したので見てもらいたい」という相談がニッピ機械さんから。

ニッピ機械さん(@nippy_kikai) • Instagram写真と動画

で、持ってきてもらいました。これはすごいなぁ。。

 

!!これって発想が全然違うやん!

ニッピ機械は個人的にも愛用させてもらっています。(漉き機やら、糊付け機やら糊付け機やら糊付け機やら糊付け機やら、、、)

で、使っていると「機械はデカくて硬くて重いほど良い!」という会社としての思想が垣間見えます。そのため鋳物製のどっしりがっしりの機械が多いわけです。

それに対して今回の機械は重さ12kg!2kgペットボトル6本の重さ。これって鋳物製じゃない!?

ニッピ機械さん「そうです。板金の世界ですね」

板の集合体!今まで私が見た限り板金構造の機械って御社はなかったように思うんじゃがなぁ。

「今回の機械は軽く・居間に置いても違和感のないもので考えて作られています。
もちろん100v電源で作動しますし、12kgですので頑張れば持ち運び出来ます。とにかく軽いです」

すごいな、今までとは違う発想で機械作り上げているなぁ。。

回転刃ではなく、前後に刃が動く

従来の漉き機の構造

 

漉き機という機械は丸刃と呼ばれるコップみたいな形状の刃を使います。
従来の丸刃を使った漉き機では研ぎが容易であり、研ぎを常に行うことで良く切れ、作業性が高まります。

ただ、従来品の欠点は

1 丸刃を入れるために大きく重く固くなる
2 研ぎをしなければ性能が著しくダウン=研ぎを頻繁にする=音がうるさい・火花が飛んで怖い

という点があげられました。
個人的には機械なんかは大きくて重くて硬いほうが信頼出来るし、刃物は研ぎをしてなんぼだと思っていますので欠点とは思っていません。

新作卓上漉き機の構造

で、この新作は従来品の上記考えをすっぱりと捨てました。

なんと刃先が前後に動く。

 

!!!!なるほど!刃先を替刃式にし、前後に動くようにしたのか!
刃物はのこぎりと同じ構造だからこれなら場所も取らないし、機械自体も軽く済む!

替刃式か~。。ってことはお金はどれくらいかかるの?

「6枚3000円を予定しています。(5枚だったかな?)刃は1枚で2回使え、革の強度や使い方にもよりますが、刃1枚で20mくらいは漉けます」

ん~、趣味で使っている人ならば3枚で一年は使えるんじゃないかなぁ。
何よりも研ぎの手間暇いらなくなるのがすごいな。

研ぎがいらないと従来品の問題点である「研ぎ=騒音と火花」が出なくなります。

刃って研ぐことは出来ないの?

「不可能じゃないですけどあまり現実的じゃないですし、当社では対応出来ません」

まぁ、そうだろうな。

きちんと漉けるの?

漉けますね。
革の場所などにもよりますけど、硬めの革=タンニン系もきちんと漉けます。

樽の高さ調整も可能です。これは従来品と同じ構造。
刃と押さえの隙間も調整可能です。こちらは多分ちょっとめんどくさい感じがします。それでも調整可能です。

ゴミは?

ゴミはなるほど、このアクリルのケースの中に入るのか。これだとほんとに机の上で作業出来るなぁ

居間においても違和感のないデザイン!

この写真右のパネル部分ってもしかして付け替え可能なの?

「そうです!5種類ほどのデザインから購入時に選択可能です!」

誰が考えたんだ、その発想ヽ(・ω・)/

 

View this post on Instagram

 

#レザークラフト#皮漉機#革漉

ニッピ機械さん(@nippy_kikai)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

#レザークラフト#革#革漉き#leather#leathercraft#skiving#ハンドメイド#趣味#レザークラフト教室#ワークショップ#コンパクト#workshop#兵庫県#加西市#NIPPY#ニッピ機械 レザークラフト皮漉機のNEW スカイミニ!軽量12kgコンパクト、持ち運び出来て、メンテナンスフリー、さらにさらにボディーカラーはNIPPY ブラック、ホワイト、フロントパネル5種類から選べて、家庭でレザークラフトをもっと楽しみたい人を増やしたい!と熱い思いでニッピ機械が開発しました。発売は来年初旬です。FISMA東京10月3,4日ビッグサイトで初出品します。是非お越しください。

ニッピ機械さん(@nippy_kikai)がシェアした投稿 –

気になる値段は

17万税別です。

総論:従来品があるからといってこれは要らない品ということはない。

従来品があればこれはいらないのか?

yesでありnoかなぁ。

従来品は前述しているように「重くデカく、研ぎの音がうるさく、機械の振動音がマンションならば伝わりかねない」という点が問題といや問題でした。

新製品は「軽く、研ぎの必要がない。音も掃除機くらい」です。
欠点としては
・刃物の維持コストがある=替刃式なので。仕事じゃなくてセミプロならば問題ないかと。(硬めの素あげタンニンばかりならばニブルの早いとは思います)
・厚みや硬さが異なる革をいろいろいろいろ使うならば微調整がちょいと大変
・軽い=従来品の安定性を求めるならばちょっと軽く不安かな

あたりかなぁ。

従来品以上に使い勝手が良い点としては

・場所を取らない。机の上40cm×40cmあれば良い。ゴミも簡単に取り出せる
・壊れた際にダンボールに詰めてニッピ機械に送りつけたらok!(そもそも構造的に壊れづらい)

こんな人にオススメ!

・イベントに出展して現地で作業したい人
・研ぎが怖そう!という人
・1ヶ月に作品を5点~10点ほどしか作らない人
・仕事していて従来品持っている人でも「特定の革のヘリ漉きをよくやる。いちいちそのために漉き機の押さえの調整するくらいならば場所とらない漉き機1台をヘリ漉き専用にしちゃえ!」と思いきれる人

こんなところかな

「中古で従来品が出るまで気長に待って25万~出そう!」と待つくらいならばさっさとこれ買ったほうが良いんちゃうかなぁ。
中古品はやはり「シャフトなどが曲がっていないか」などのリスクがありますので。
これでお金儲けして従来品買えば良いだけです。
また、故障しても「ダンボールに入れて送れば良い」というのはものすごいメリットです。

10/12.13金土の大阪革日和で展示します!

10/12.13(金土)は革日和in大阪。革屋のセールや象革やニッピ機械新作展示や染料相談やら | phoenix blog

金土の13時~18時、フェニックス3Fで展示会をしてもらいます。
ニッピ機械の新作漉き機、グッドレザーの定番革、Lizedの新作塗料やコバ液の展示説明を行ってもらいます。

ニッピ機械… 新作漉き機展示。今回ご購入・予約の方にはフットペダルサービス予定。お値段17万税抜きです。ニッピ機械さん(@nippy_kikai) • Instagram写真と動画

グッドレザー…加古川の革屋さん。新作革や従来の定番品などを持ってきていただきます。グッドレザーさん(@good_leather) • Instagram写真と動画

Lized…Lized タンナーさん向けの染料をおろしている会社です。今回は染料のサンプルや説明などをしてもらえます。新作染料やメタル染料、コバ処理剤などを持ってきてもらえます。

漉き機講習会もやります。

漉き機を活かすセミナー~こうやれば漉き機はこわれます 2018年10月13日(大阪府) – こくちーずプロ(告知’sプロ) 

こちらのセミナーは従来の漉き機の使い方の解説ですが新型漉き機の考え方や注意点も踏まえて解説します。

 

研ぎ屋さんの研ぎ受付や飲み会も開催しますのでよろしくおねがいします

10/12.13(金土)は革日和in大阪。革屋のセールや象革やニッピ機械新作展示や染料相談やら | phoenix blog

過去の関連blog:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*